HOME > リフォーム豆知識 > 【リフォーム豆知識】リフォームでアトピー対策

【リフォーム豆知識】リフォームでアトピー対策

■食べ物やハウスダストが原因
アトピー性皮膚炎は、顔、首、手足の間接部分に湿疹が出て、長く続く状態のことです。アトピーというと子供の病気というイメージがありますが、大人もかかります。原因は、子どもの場合は食べ物で、大人はストレスやダニなどのハウスダストが多いといわれています。ただ、大人・子ども共に複合的な原因が重なることが多く、いずれにしても住まいの対策は重要です。

■住まいは風通しと日当たりをよくする
最近の住まいは、気密性が高く風通しが悪いので、アトピーの原因のひとつであるダニやカビが発生しやすくなっています。リフォームプランを考える上で、大切なことは風通しと日当たりを良くすることです。
まず、窓の配置と大きさは重要です。1部屋に2ヶ所以上、できれば対角線上に窓が配置されていると風通しがよくなります。南面には窓を設け、日当たりを良くすると、室内を乾燥&殺菌してダニやカビが繁殖しづらくなります。また、開口部には掃き出し窓を取り付けると、風通しがよくなるだけでなく、ダニやカビを殺菌する「ふとん干し」が楽にできます。さらに、洋室の床にはホコリがたまりにくく掃除しやすいフローリングを使用したり、自然素材の壁材やクロス、畳などを選びましょう。

■日頃の換気と掃除も効果的
アトピー対策は、住まい方も重要です。なかでも大切なのが換気と掃除です。こまめに窓をあけて換気しましょう。花粉やホコリが気になるなら、空気清浄機でクリーンさを保ってください。そして、こまめな掃除も重要です。ダニをとる掃除機で、ダニのエサとなるホコリ、フケ、食物のカスなどを丁寧に吸い取ります。カーペット、座布団、布団、毛布などもシッカリかけてください。

愛媛県・松山市 大創住建

株式会社大創住建
〒790-0962 愛媛県松山市枝松1丁目9番36号 TEL:089-934-6014 FAX:089-934-6019

Copyright(C)2018 大創住建 All rlight reserved